Webマーケッターが今年の流行語大賞を予想してみた

  • HOME
  • KNOWLEDGE
  • Webマーケッターが今年の流行語大賞を予想してみた

最近、恐縮にも当Blogがちょっと面白くなってきたというお声をちらほらいただき、調子に乗って記事の毛色をさらに変えてみようと思います。

題して、「Webマーケッターが今年の流行語大賞を予想してみた」!!!

流行語大賞とは、ご存知のとおりユーキャン様が毎年開催している年末の風物詩です。

今回はWebマーケッターの立場から、この受賞キーワードを予想してみたいと思います。


いきなりですが皆様、Googleトレンドをご覧になったことはあるでしょうか。

これは、キーワードを入力してみると、そのキーワードのGoogleでの検索ボリューム推移が取得できるというツールなのです!

…もうお分かりですよね。

ノミネートされた各ワードを、全てこれにぶち込んで市場調査を行いました!

(…と、言いたいところなのですが、さすがに50個のノミネートキーワードを業務中にすべてチェックすると怒られそうなので、ある程度“あたり”をつけて調査しております。)

まず私が目を付けたのが、今年大ヒットした2つのドラマからのノミネート「じぇじぇじぇ」「倍返し」です。

やはりテレビで流行る言葉というのは世間に浸透する力も強く、ドラマを見ていなかった人でも上司に「倍返しだ!!」心の中で怒鳴りつけた人は多いのではないでしょうか。

もう一つは別の視点から、「激おこぷんぷん丸」…やはりマーケッターとしては新しい日本語にも気を配っておきたいものです。(ただし、さすがに文字列が長いため「激おこ」で比べます)

あと「今でしょ!」も頭をよぎりましたが、それは今更かと思って割愛しております。

結果は下記の通り!

爆発力では「激おこ」が最強です。思えば当時、SNSではパロディで写真がいっぱい出回りましたよね。

「じぇじぇじぇ」「倍返し」では、かなりの差がついています。やはり能年〇奈が可愛いからか…と安直な結論に至りそうになりますが、そこはぐっとこらえます。

(真面目に分析すると、「じぇじぇじぇ」「激おこ」は耳に覚えのない言葉だからこそ、国民の興味を強くくすぐったのだと思います) …やっぱり「じぇじぇじぇ」か…。そう思っていた私の前に、信じられない伏兵が現れます。

「ふなっしー」…なんと。“ゆるきゃらグランプリ2013”で我らがえびす君との戦いから敵前逃亡(出場辞退)した、あの「ふなっしー」ではないですか!!

ぐぬぬ…こんなところで格の違いを見せつけてくるとは。

私、悔しい!!

…このまま「ふなっしー」にやられてしまうのか…。

もっと!もっと強いキーワードを!

・・・
・・・
・・・
ありました。

「いったぁぁぁ!10コンボーーーー!!!」

これはすごいです。ほかのワードが霞むくらいの圧倒っぷり。

もう適わないですね。

今年の流行語大賞は「パズドラ」で決まりです。


とは、簡単に問屋がおろさないですよね。

最後に考察をしてみると、「パズドラ」は特にインターネットと親和性が高いプロダクトの名前です。あと、おそらく「ふなっしー」に関しても、“グッズ”などの商品を目的とするユーザーが含まれてくるでしょう。

これは、「じぇじぇじぇ」「倍返し」「激おこ」などには無い(もしくは、薄い)側面です。なので、単純に検索数だけで比べることはできません。 マーケッターは、「キーワードの裏側にあるモチベーション」を想像してこそ、です。

P.S. なお、これは市場調査をGoogleの検索ボリュームのみに頼っているため、もちろんサンプルの取り方に偏りが生じます。(Webマーケッターはしばしば検索がすべてだと捉えがちなので、自戒も込めて明記) でも、ひっくるめて総合すると結局「じぇじぇじぇ」な気がします。

それが一番平和だと思いませんか?w

メルマガ登録